西武は打線に元気がなく連勝ストップ 平井の初回の3失点をはね返せず

西日本スポーツ

 ◆西武1-3ロッテ(25日、メットライフドーム)

 西武は打線に元気がなく、連勝が「2」で止まった。

 先発では4月以来の白星を目指した平井が初回に3失点。先頭の荻野の四球と二盗で1死二塁とされ、中村奨の中前適時打で先制されると、レアードには左翼席への2ランを浴びた。

 打線は先発のルーキー河村を打ちあぐね、5回まで無得点。6回にようやく山川の中犠飛で1点を返したが、ロッテの継投の前に追加点は奪えなかった。2回以降は踏ん張った平井は6回途中3失点で今季4敗目を喫した。

 

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング