ソフトバンクが日本ハムに今季勝ち越し 3位楽天と2ゲーム差 終盤は岩崎、モイネロ、森のリレーで逃げ切る

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-2日本ハム(25日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが日本ハム戦の連敗を「3」で止めた。今季の対戦成績を11勝6敗5分けとして、3試合を残して今季のカード勝ち越しが決定。オリックスに敗れた3位楽天との差を2ゲームに縮めた。

 先発の石川は11日の対戦で2/3回で10失点(自責3)と炎上したが、今回は初回を3者連続奪三振で滑り出した。打線は栗原がバーヘイゲンの直球を右翼テラス席に運ぶ先制の17号ソロ。ここ5試合で3本目のアーチで初回からチームを勢いづけた。

 2回に石川が同点とされたものの、直後の攻撃で2死満塁から三森に2点適時打、中村晃に適時打が出て3点を勝ち越した。石川は6回途中2失点での降板となったが、7回以降は岩崎、モイネロ、森の必勝リレーで逃げ切った。石川は4日以来の白星となる今季6勝目を手にした。

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ