サヨナラ勝ち、逆転勝利の勢い消え西武辻監督「3点が痛かったね」 再び自力CS進出の可能性消滅

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武1-3ロッテ(25日、メットライフドーム)

 西武は連日の逆転勝ちへの期待が回を追うごとにしぼんでいった。6回途中からはロッテ救援陣の前に手も足も出ず。9回も益田に3人で締められた。再び自力CS進出への可能性が消滅。辻監督は「(初回の)3点が痛かったね。あまりにも」と悔しげに振り返った。

 初回に平井が3点を奪われると、打線は新人の河村にてこずった。先発では初対戦。走者は出すが、攻略に至らない。指揮官は「適当に荒れながら的を絞れなかった。ちょっと難しかった」。分岐点は4回。無死一、二塁のチャンスをつくると、5番の外崎が犠打で走者を進めた。

 だが内野も後ろに下がった1死二、三塁の状況で、山川は空振り三振。呉念庭も一ゴロに倒れ、1点も奪えなかった。辻監督は「とにかく1点取らないことにはと思って(外崎に)送らせて山川に期待したんだけど。流れを変えたかったんでね」。山川は6回1死満塁で意地の中犠飛を放ち、11試合ぶりの打点を挙げたが、悔しさげだった。

 サヨナラ勝ち、逆転勝利と勢いに乗りかけたが、打線が奮わなかった。下を向かずに本拠地5連戦を白星で締めくくるしかない。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング