あわや同点のピンチ封じた甲斐キャノン 「めちゃくちゃ大きい」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-2日本ハム(25日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク甲斐がキャノン発動でピンチの芽を摘んだ。7回1死一、三塁、打者清水の4球目でスタートを切った一塁の代走中島を間一髪のタイミングで刺した。栗山監督がリプレー検証をリクエストしたが、判定は覆らず。このプレーが分岐点となり、反撃を封じた。正捕手の活躍に、工藤監督は「めちゃくちゃ大きいです。成功されたら下手したら同点というところだった」とたたえた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ