正代、ため息交じりに「一番いけない相撲」

西日本スポーツ

 ◆大相撲秋場所 14日目(25日、東京・両国国技館)

 正代が妙義龍に一気に寄り切られた。何もできず、大関としては屈辱的な黒星。リモート取材に応じた正代(熊本県宇土市出身)は「一番いけない相撲だった。うまく取られた」。ため息交じりに言葉をつないだ。「予想より(相手が)もう一段低くて、まわしもいい所を取られてしまった。優勝争いをしている気迫にのまれた」。悔しい思いは照ノ富士に挑む千秋楽結びの一番、そして来場所にぶつけるしかない。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング