J1リーグ戦で福岡が鳥栖に初白星! ファンマ3試合連続、山岸2点目、渡ダメ押し「大きい勝利」長谷部監督

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第30節 福岡3-0鳥栖(25日、ベスト電器スタジアム)

 福岡が宿敵鳥栖にJ1のリーグ戦で初の白星を手にした。「自分たちの持ち味、長所を出せた。大きい勝利になったと思う」。長谷部監督が胸を張った。

 まずは前半41分、ここまで2戦連続でゴールを決めていた絶好調男が、負けられないダービーで結果を残した。相手GKのロングボールを志知がヘディングで前線へと配球。ボールに走り込んだフアンマは強靱(きょうじん)なフィジカルで相手DFを押しのけると冷静にゴール左隅へと流し込んだ。この時点でチーム単独トップとなる5ゴール目を挙げた。

 いかなる状況でも常に自分たちのスタイルを突き通す今季のアビスパを体現するゴールだった。この試合を含めて残り9試合。福岡は勝ち点50と初のJ1残留、対する鳥栖もアジア・チャンピオンズリーグ出場、と、掲げた目標のゴールが見える位置にいる。

 しかし長谷部監督は「何かを変えるのではなく、一戦一戦、自分たちの最大出力を出していこうと常に問いかけている。同じようにやることが大事」と、選手はいつも通りの戦いを貫いた。

 鳥栖とは今季5度目の対戦。直近の7月の天皇杯では0-1で敗れた。「みなさんの期待に応えたいという思いでいっぱい」と燃える長谷部監督が「何回も対戦している中で、われわれからけが人が出ている。守備、球際のところでは自分たちが負けないように」と警戒した試合で予想どおり前半から激しい戦いとなった。福岡の選手たちも闘志をむき出しに球際で勝負を仕掛け、倒される場面が何度もあった。

 後半には前のロングパスに詰めた山岸が泥くさい得点。ファンマに並ぶ今季5個目のゴールを決めた。「ダービーだったので絶対負けたくないという気持ちだった」。鳥栖にボールを握られながらも粘り強く抑え、一刺しでネットを揺らす。

 終了間際にも渡がダメ押し。九州のライバルを相手に福岡の真骨頂のような試合を見せた。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング