選手生命懸けた石川「やり返す」気迫が迷い消す/池田親興

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-2日本ハム(25日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・池田親興の視点】

 石川は選手生命を懸けてマウンドに上がっていたと思う。前々回、前回登板とこれまでにない苦しい内容の投球が続き、2軍落ちも覚悟したはずだ。チーム状況と同じく追い詰められての登板で初回から飛ばし、相手打線に自分の全てをぶつけていた。

 変化球を見せ球にして真っすぐを主体。そろそろ変化球が来ると考えていた日本ハムの打者が振り遅れる場面が目立った。事前にしっかりバッテリーで話し合い、甲斐がうまくリードした結果だ。2回に追い付かれたが、すぐに切り替えて投球リズムを崩さなかったのが勝因。「やり返す」という強い気迫が迷いを生まなかった。これまでと違って気持ちを前面に出して投げる投球で、チームも引っ張った。石川自身を大きく変えた試合になった。

 前日にW被弾した8回のモイネロと9回の森もやり返した。モイネロは直球が低くなり、復帰後一番の投球。森も球速がもう少し欲しいが腕の振りが良く、打者を圧倒した。7回の岩崎も苦しみながらも失点せず、いい流れをつくった。

 打線が3回以降1安打というのは反省点。勝ち続けるには奮起が必要だ。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ