J1鳥栖6位後退「情けない試合見せた」金明輝監督悔しさ隠せず

西日本スポーツ 松田 達也

 ◆明治安田生命J1第30節 福岡3-0鳥栖(25日、ベスト電器スタジアム)

 アビスパ福岡とサガン鳥栖の「九州ダービー」は、ホームの福岡が3-0で快勝した。前半41分にファンマ(30)が自身3試合連続ゴールとなる先制点を決め、後半にも2点を追加した。福岡は勝ち点を46に伸ばして8位に浮上し、次節にもJ1残留が確定する可能性が出てきた。

   ◇    ◇

 鳥栖は宿敵福岡にJ1のリーグ戦で初黒星を喫した。アウェーで持ち味を封じられ、完敗。鳥栖の金明輝監督は「情けない試合を見せた」と悔しさを隠せなかった。順位も6位に後退し、福岡との勝ち点差も5に縮まった。

 前半からボールを保持。チーム最多の9得点を挙げるFW山下がゴールに迫った。序盤に右クロスにニアで合わせたが枠を外れ、1点を追う前半の終了間際には右からのパスを押し込んだが、オフサイドの判定で幻となった。「攻撃の選手として責任を感じる。フィニッシュのところが足りなかった」と肩を落とした。

 18日の大分戦は決定機を生かせず0-0。2試合連続の九州ダービーとなったこの日は想定外の屈辱が待っていた。依然、順位は九州のJ1の3クラブで最上位ながら、今季のダービーで3分け1敗とライバルから未勝利のまま終わった。ため込んだ悔しさを吐き出すように樋口は「サポーターの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱい」と力なく振り返った。(松田達也)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング