J1福岡の堅守支えた奈良「うまく人数を合わせながら守れた」

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第30節 福岡3-0鳥栖(25日、ベスト電器スタジアム)

 アビスパ福岡とサガン鳥栖の「九州ダービー」は、ホームの福岡が3-0で快勝した。前半41分にファンマ(30)が自身3試合連続ゴールとなる先制点を決め、後半にも2点を追加した。福岡は勝ち点を46に伸ばして8位に浮上し、次節にもJ1残留が確定する可能性が出てきた。

   ◇    ◇

 福岡のセンターバックの奈良が堅守を支えた。シュート数では福岡の10本に対して鳥栖は9本と互角ながら、「形を変えながらボールを動かしてくるので、うまく人数を合わせながら守れた」と振り返った。3月の前回対戦では出場していなかったため、J1での鳥栖戦は初めてだった。鹿島からの期限付き移籍で今季プレーする奈良は「自分は福岡に来たばかりだが、試合のテンションが高かった。チームやスタジアムの雰囲気で流れに乗せてもらった」とうなずいた。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング