西武渡辺は5回途中5失点 埼玉・浦和学院高の先輩ロッテ小島との投げ合いで精彩欠く

西日本スポーツ

 ◆西武-ロッテ(26日、メットライフドーム)

 西武の先発渡辺が5回途中5失点と先発の役割を全うできずに降板。4回以外は先頭打者の出塁を許すなど安定感を欠いた。

 初回にレアードに先制二塁打を浴び、味方に逆転してもらった直後の3回は自身の失策も絡んで同点とされた。

 打線が3回に2点を勝ち越したが、5回は先頭の加藤への四球をきっかけに佐藤都に同点の2点打を浴びるなどし、この回途中で降板。母校埼玉・浦和学院高の先輩でもあるロッテの先発小島との投げ合いは悔しい結果に終わった。

 5回は2死二塁でマウンドを引き継いだ2番手の公文が藤岡に勝ち越し適時打を浴びた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング