ソフトバンクが2連勝で3位楽天に1・5ゲーム差に接近 リチャードが王会長の熱血指導に応える決勝の5号ソロ 

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1日本ハム(26日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが7回のリチャードと今宮の一発攻勢などで2連勝。オリックスと引き分けた3位楽天に1・5ゲーム差と半歩詰め寄った。

 4回に先発の笠谷が近藤にソロを浴びて1点を先制されたが、6回から登板した2番手松本が2イニングを無失点と好投した。

 打線は6回にデスパイネの9試合連続安打となる適時打で同点とすると、7回に2試合ぶりにスタメン復帰したリチャードが3番手井口の変化球を左翼テラス席へ運ぶ5号ソロとして勝ち越した。

 試合前練習で直接指導を受けた王球団会長の期待にも応えた一発を「打席に向かう前に松本さん(松本裕樹)に『頼むぞ』と声を掛けられたので、何とか点をとるんだと気合が入りました。自分から仕掛けることができた打席と思います。頑張っている投手陣の援護をできて良かった」と振り返った。

 1死後には今宮が井口の変化球を左翼席に運ぶ4号ソロ。6月8日の広島戦以来、約3カ月半ぶりのアーチで差を2点に広げた。

 リチャードは8回にも右犠飛を放って2打点の活躍。救援陣は8回をモイネロ、9回を森が無失点で逃げ切った。松本が今季3勝目、森が同12セーブ目を挙げた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ