福岡大が打順入れ替え2連敗阻止、1番に主砲「高校時代含め初めて」

西日本スポーツ

 ◆九州六大学野球秋季リーグ 北九大5-6福岡大(26日、桧原運動公園野球場)

 福岡大が前日に敗れた北九大を1点差振り切った。。打順を大幅に入れ替え、1番を任された主砲の井上絢(4年・久留米商)が8回に勝ち越しの適時二塁打を放った。

 「高校時代からここまでで1番で打ったのは初めて。新鮮でいい感じでした」。投手陣も今季初登板の永田大(3年・熊本工)やリーグ戦初登板の江崎(2年・西日本短大付)がつなぎ、接戦をものにした。

 井上絢は「みんなで頑張って助け合ってつかんだ勝利です」と、優勝へ望みをつなぐ白星を喜んだ。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング