本塁打より価値あるリチャードの犠飛/藤原満

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1日本ハム(26日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・藤原満の視点】

 三度目の正直でホークスはようやく5割に復帰した。これで、上位浮上への足がかりができた。

 打のヒーローは、もちろんリチャード。7回の左翼越えの勝ち越し本塁打は内角球に詰まりながらも、迷いなく振り切ったから生まれたアーチだった。そして、さらに大きな仕事が8回1死満塁で放った右犠飛。外野飛球が打てる確率が高い流し打ちに徹して、貴重な追加点を挙げた。

 リチャードは、どの打席でもファウルで粘って相手投手に球数を投げさせる技術が身についてきた。大きな体ながら意外と器用で、選球眼もある。打率はまだ低いが、待望の右の長距離砲として日々進歩している。

 先発の笠谷も5回1失点は見事。2番手松本も2イニングを締めて、逆転劇のお膳立てをした。松本は11試合連続無失点で、チームの信頼を得たといえる。

 モイネロ、森の投球も安定してきたし、反転攻勢の準備が整った。上位チームが足踏みしている間に、大型連勝で一気に追いつくチャンスだ。そのためには、まずカード初戦を勝つこと。28日から始まる西武、オリックスとの6連戦が今季のホークスの命運を握るといっていい。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ