「やっとタイ。こっからだと思います」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1日本ハム(26日、ペイペイドーム)

 -先発笠谷が5回1失点の好投。

 自分のボールを信じて投げていくことが大事。それを実感できた試合だったと思います。

 -リチャードの勝負強さを感じる。

 打率で勝負強さを語っていいのか分かりませんけど、変に臆することなく自分のバッティングをしようというのが、良い結果につながっているので。彼の魅力である長打、ホームランをあの場面で出してくれると、先にもつながるし、彼にとっても良い経験になっている。どんどん積み重ねて良いバッターになってほしいし、ホームランバッターになってほしいと思います。

 -松田が左膝付近に死球。

 当たったところは筋肉の部分だと聞いているので。関節に直接とかではないみたいなので、帰るときも先頭で元気でした。最初、一塁に歩きだしたじゃないですか。あさって(28日)は大丈夫かなと。

 -勝率5割に戻った。

 やっとタイというところにきたので、こっからだと思います。また、あさってから西武さんと戦うので。そこをとって、カードを勝ち越せるようにしっかり戦っていきます。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ