西武2連敗、4度目の今季ワーストタイ借金11

西日本スポーツ 山田 孝人

 ◆西武4-8ロッテ(26日、メットライフドーム)

 痛い四球からみすみす流れを手放した。2点リードの5回。先発渡辺が9番の加藤を歩かせて、上位に回ると荻野は二塁打で無死二、三塁。佐藤都には変化球を中前に運ばれて同点2点打とされ、この回途中で降板。2死二塁で出た公文も藤岡に勝ち越し打を許し、渡辺は5失点で4敗目だ。

 右腕も5回を悔やむ。「先頭を四球で出し、良くない流れをつくってしまった。ストライク先行で投げられなかった」。4回を除いて毎回先頭打者を出塁させるなどして2度のリードを守り切れず、埼玉・浦和学院高の先輩でもある小島との投げ合いは悔いの残る結果になった。辻監督も「勝負してくれればよかったけど」と先頭の下位打線に与えた四球を悔やんだ。

 25日は投手陣が奮起も、打線が苦しんで1点止まり。26日は投手陣が踏ん張りきれず、打線も中盤以降はロッテの継投にもかわされて2連敗だ。これで今季ワーストタイの借金11に至るのは4度目。上昇気流をつかみかけては手放す展開が続いて、シーズンは終わりに近づいている。(山田孝人)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング