救援陣を総動員「無理させるところは出てくる」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの千賀滉大投手(28)が、自身2年ぶりの「中4日」を解禁する可能性があることが27日分かった。28日の西武戦(ペイペイドーム)に中5日で先発し、その後10月3日のオリックス戦(京セラドーム大阪)に回る「ウルトラC」プランだ。チームは2カード連続で勝ち越しを決め、3位楽天とは1・5ゲーム差。ほかの先発陣も中5日でフル回転させる方針で、まずはチーム一丸でクライマックスシリーズ(CS)進出をもぎ取る構えだ。

   ◇   ◇

 ブルペンも総動員して逆転優勝を目指す。高村投手コーチは「先発に限らず、中のほうも無理させるところは出てくるかもしれない。コンディショニングとかそこのところを見てあげて、いかせるところはいかせる」と話した。26日までの日本ハム3連戦では、故障明けだった森とモイネロが3連投を解禁。今後は故障を踏まえた制約は設けない考えだ。7回を任される岩崎、16イニング無失点を続ける松本ら充実の布陣。高村コーチは「一つ厚みができるので、いろいろなパターンができてくる」とイメージを思い描いた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ