急浮上7戦6勝、工藤監督「波に乗っていって」天敵撃破で3位まで0・5差に接近

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-2西武(28日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクがここ7試合で6勝と乗ってきた。18日ぶりの貯金に転じ、敗れた3位楽天に0・5ゲーム差まで迫った。

 序盤にデスパイネ、甲斐の2ランで4点を先制し、優位に試合を進めた。中5日で先発した千賀が7回途中2失点と力投。工藤監督は「細心の注意を払いながら丁寧に投げていた。絶対に勝つ、勝たないといけないという思いが伝わってきた」と評価した。

 2019年から9連勝を許していた天敵・高橋に黒星をつけ「なかなか打てなかった投手を、シーズン終盤にこうやって打ったことは大きい。これで波に乗っていってほしい」と手応え。一方で、上位との差が縮まっても「相手チームがどうのこうのではない。今は自分たちが常に勝っていくこと」と表情は変えなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ