バレンティンがソフトバンク退団の胸中明かす「日本でいい形で終わりたい」他球団移籍を模索

西日本スポーツ

 今季限りで福岡ソフトバンクを退団することが分かったウラディミール・バレンティン(37)が29日、タマスタ筑後でのウエスタン・中日戦の前に胸中を明かした。

 打撃練習で汗を流した後、「このホークスというチームのプレーは今年で終わる。ほかのチームでプレーする環境は探している。自分の中でもまだまだできるということもあるし、パワーもあるので、高いレベルでプレーしたい」と話した。

 30日に行われる中日との2軍最終戦後は米国に帰国し、トレーニングをしながらオファーを待つ。13年にシーズン60本塁打のプロ野球記録を樹立し、NPB通算301本塁打を誇る大砲は「日本で探している。自分の成績もいい成績を残しているし、日本でいい形で終わりたい」とNPBでのプレーを希望した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ