またまた初回先頭打者に四球→失点…西武投手陣の悪癖“連鎖”が止まらない

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(29日、ペイペイドーム)

 3連敗中の西武は先発の浜屋があっさりと先制点を献上してしまった。

 初回、先頭川島に四球を与えると、続く栗原に中越えの先制適時二塁打を許した。何とか後続を断ったものの、苦しい投球になった。

 西武の先発陣は24日のロッテ戦から5試合のうち4試合(今井、平井、渡辺、浜屋)で初回先頭打者に四球を与え、その全ての走者に先制ホームを踏まれている。投手陣の“悪癖”とも呼べる不安定な立ち上がりの連鎖が止まらず、頭が痛いところだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング