松田300号は「僕らしいテラスへのホームラン」第1打席に好機で凡退の悔しさ晴らす

西日本スポーツ

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(38)が29日の西武22回戦(ペイペイドーム)の3回に浜屋から今季13号2ランを放ち、通算300本塁打を達成した。

 プロ野球44人目。球団では野村克也、門田博光、松中信彦小久保裕紀に続き5人目となった。

 1-0で迎えたこの回、デスパイネの2点二塁打で2点を加えた直後、高めのストレートを左翼ホームランテラスへ運んだ。「1打席目にチャンスで凡退してしまい、再びのチャンスだったので、つなぐ意識で打席に入りました。300号ホームランは僕らしいテラスまで運んだホームランとなりました。とにかく大きい追加点となって良かったです」と振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ