大敗の西武辻監督語る 大量失点の先発浜屋を続投させた理由

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク9-0西武(29日、ペイペイドーム)

 西武の浜屋が6回6安打8失点で5敗目を喫した。

 初回に1点を先制されると、3回に4点を追加された。さらに5回に3点を奪われ、この回までで110球を投じていたが、6回も続投した。

 この起用について辻監督は「きょうも失点にはフォアボールが絡んでいた。前回よりは良い球もあった。どうしてもストライクを先行できないところで、変化球でカウントを取れなかったのが一番悪かった。(5回途中で)100球を超えたけど、その中で、力が抜けた状態で何かつかんでくれたらと思って投げさせた」と説明した。

 浜屋は「いいところがありませんでした。自分自身を苦しめて、自滅をしてしまいました。四球で先頭打者を出してしまい、このような結果になってしまっているので、改善をしなくてはなりません」とコメントした。今後の糧とできるか。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング