バスケBリーグきょう開幕 悲願のB1昇格を目指す福岡、東京五輪「銀」大躍進の女子代表がお手本

西日本スポーツ 末継 智章 鬼塚 淳乃介

 バスケットボール男子のBリーグが30日に開幕し、2部(B2)も10月1日に福岡市の照葉積水ハウスアリーナで行われるライジングゼファー福岡―青森戦で幕を開ける。B2西地区の九州3チームはいずれも悲願のB1昇格を目指し、指揮官や選手を刷新。激戦が予想される戦いを前に、各チームのヘッドコーチや主将らが今季の意気込みを語った。(末継智章、鬼塚淳乃介)

   ◇   ◇

 昨季26勝33敗で西地区5位に低迷した福岡はシーズン40勝をノルマに掲げる。昨季西地区で優勝した西宮の勝ち星と同じ数。本多純平主将は「達成すればプレーオフ(PO)に出場できる。昨季の悔しさをばねにしたい」と巻き返しを誓う。

 昨季は女子強豪のENEOSを指揮した梅崎英毅ヘッドコーチ(HC)はミス撲滅を浮上の鍵に挙げる。ミスでシュートまで結びつけられないターンオーバー数が、昨季はB2ワーストの994個を記録。900個台は福岡と青森だけで、逆にリーグ最少だった茨城(552個)と2位の群馬(621個)がB1昇格を果たしている。

 「シュートのミスは仕方ない部分があるが、シュートにつなげられないミスはしてはいけない」と梅崎監督。激しい守備でボールを奪って素早く攻める「トランジションバスケ」をつくりあげるため、豊富な練習量で鍛え抜かれた女子日本代表が東京五輪で銀メダルを獲得した点を踏まえて1日2回の練習で細かい戦術を確認してきた。

 「トランジションバスケ」は梅崎監督の母校である福岡大大濠高や福岡第一高も実践している。今季は目立った補強こそなかったものの、その福岡第一高出身の重冨友希、周希兄弟が専大から加入。切り替えの速さとスピードに定評がある双子の兄弟は当初、アマチュア契約だったが開幕までのトレーニングなどが評価され、プロ契約を勝ち取った。

 直近の練習試合でB3の長崎と岡山に敗れるなど不安を残した。それでも本多主将は「チームが完璧に仕上がっているわけではないが、今季どのように戦うかという意気込みを出せれば勝ちきれる」と信じる。スタートダッシュを切りながら戦術を練り上げる。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング