快勝を引き寄せた「2番栗原」工藤監督も称賛

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク9-0西武(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・栗原が先制二塁打で快勝の流れを引き寄せた。

 初回無死一塁、西武先発の浜屋が投じた低め直球を捉えた打球は中越えのフェンス直撃の二塁打に。「真っすぐを仕留めることが出来た。しっかり自分のスイングが出来たと思う。まず先制点を取ることができて良かった」とうなずいた。

 工藤監督も「初回の栗原君の安打で、川島君がかえってきた判断もあったけど点を先に取ることができた」とたたえた。26日の日本ハム戦以来の2番起用で鮮やかな“先制パンチ”に成功した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ