西武意地の連敗ストップ 9回に2点差逆転 中村4安打

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-8西武(30日、ペイペイドーム)

 西武は1点を追う4回。中村の中前打から無死二、三塁とチャンスが広がると、栗山が右翼線を破る逆転の2点二塁打。9月29日は零封負けを喫し、打線を再び改造した。1番に川越を抜てきし、山川もスタメン復帰。栗山の一打でひっくり返すと、連続四球でなおも無死満塁。岸が右犠飛で追加点をもぎ取った。

 投げては6月28日のソフトバンク戦以来の白星を目指す松本が踏ん張ったが、5回に柳田にタイムリー二塁打、デスパイネに3ランを浴びて逆転を許した。7回にも森脇がデスパイネに左前タイムリーを許した。

 2点ビハインドの9回に森のソロで1点差に迫り、中村の4安打目の中前打から1死満塁とし、外崎の犠飛、岸の左前適時打で逆転に成功し、連敗を4で止めた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング