ソフトバンクはまた救援陣が乱れる 7回に岩崎の暴投で決勝点を献上 2連敗で首位オリックスと6ゲーム差に

西日本スポーツ

 ◆オリックス2-1ソフトバンク(1日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクがオリックスとのカード初戦に競り負けて痛恨の2連敗。勝率5割に逆戻りして、首位に立ったオリックスとの差は6ゲームに開いた。試合が雨天中止だった3位楽天との差も2ゲームに開いた。

 序盤は石川と宮城の両先発が投手戦を展開。中盤の5回に先頭の牧原大が三塁内野安打で出塁すると、二盗と悪送球で三進し、松田の左前適時打で先制した。

 石川は5回まで1安打無失点の快投を見せたが、6回に伏見の二塁打と犠打で1死三塁として、2死後に宗に右前への同点打を許した。

 7回は2番手の岩崎が2安打と申告敬遠などで1死満塁とすると、伏見への初球がワンバウンドの暴投となって三塁走者が生還。これが痛い決勝点となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ