西武山川が5年連続シーズン20本塁打 同点、決勝の2打席連続弾で4打点の大爆発

西日本スポーツ

 ◆日本ハム2-4西武(1日、札幌ドーム)

 西武は山川が同点、勝ち越しの2打席連続アーチで4打点の大活躍。日本ハムに逆転勝ちして、両チームの差は3ゲームに開いた。

 8月22日以来の1軍マウンドだった先発の与座は5回を3安打無失点と好投。76球でマウンドを譲ったものの、緩急を使った投球で3者連続を含む4三振を奪った。

 2番手水上が6回に1点を先制されたが、7回に山川が2番手井口の初球を左翼席に運ぶ19号ソロで追い付いた。8回2死一、二塁では3番手堀の変化球を捉え、左翼ポールを直撃する決勝の20号3ラン。同点、決勝の2打席連続弾で5年連続のシーズン20本塁打に到達した。

 4番手のギャレットが今季3勝目、9回を締めた平良が同19セーブ目を挙げた。

 

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング