西武金子が守護神救うビッグプレー ヒーロー山川も「ネコさんじゃないと」

西日本スポーツ

 ◆日本ハム2-4西武(1日、札幌ドーム)

 途中出場した金子が中堅守備でのビッグプレーでチームを救った。

 9回に代打で出場。そのまま中堅守備に入った9回裏は守護神の平良が連続四球で無死一、二塁のピンチをつくり、続く代打王柏融に大飛球を右中間へ運ばれた。この打球を追った金子は背走しながらグラブを伸ばし地面すれすれでキャッチ。日本ハムの栗山監督がリクエストを要求するほど微妙なプレーだったが、判定は変わらずにアウトとなった。

 辻監督は「やっぱり金子のプレーね。あれは本当に助けられた。あそこで抜けていたら2点入って、なおもノーアウト三塁と追いつかれる大ピンチだったかもしれない。そこは平良も多いに反省してほしい」と話した。2発4打点と全得点をたたき出し、ヒーローとなった山川も「本当にネコさん(金子)じゃないと取れないと思う。格好良かった」と笑った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング