ソフトバンク三森、痛恨の走塁ミス「何とかしたい思い先走ってしまった」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆オリックス3-0ソフトバンク(3日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクの三森が痛恨の走塁ミスを犯した。3点を追う最終回に、先頭で平野から左前へポトリと落ちる安打を放ち出塁。続く牧原大への5球目フォークがワンバウンドになると、迷わず二塁へスタートを切った。だが捕手の伏見はこれをはじくことなく捕球。冷静に二塁へ送球され楽々アウトとなった(記録は盗塁死)。工藤監督は「なんとかしたいという思いが先走ってしまったと思う。若いのでああいうミスも出るでしょう」とかばったが、走者をためた状況で柳田、デスパイネに回せる可能性もあっただけに、点差を考えてもあまりに痛いプレーとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ