迫る最下位の影…「2-0で逃げ切らなきゃ」西武辻監督、痛恨逆転負けに嘆き節

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆日本ハム3-2西武(3日、札幌ドーム)

 西武の勝利への流れは終盤3イニングでひっくり返された。同点の9回、守護神平良が西川にサヨナラ打を浴びた。最下位の日本ハムに2連敗で1ゲーム差。辻監督は「今日の感じだったら2-0で逃げ切らなきゃいけなかった」と唇を噛みしめた。

 打線が9試合ぶりに先制点を奪った。先発の渡辺は5回までパーフェクト投球。3年目右腕は「直球、変化球ともにいい形で投げることができていた。後半戦に入って一番いい投球ができたと思う」と主導権を握った。

 打線が3回以降、一人の走者も出せずに苦戦していると、7回から暗雲が立ちこめた。渡辺が1点を失い降板。8回2死から増田がR・ロドリゲスに同点ソロ本塁打を浴びた。9回の平良も先頭から死球、四球と続け自滅した。3敗目の豪腕に指揮官も「いいときの平良じゃないからね」と心配顔だ。

 再び借金は辻政権ワーストの13に膨らんだ。ひたひたと最下位の影が迫っている。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング