西武が最多勝経験者の多和田らと来季契約結ばず

西日本スポーツ

 西武は5日、育成の多和田真三郎投手(28)と大窪士夢投手(21)と来季の契約を結ばないと発表した。

 多和田は沖縄・中部商高、富士大を経て2016年ドラフト1位で西武に入団。18年に16勝(5敗)を挙げて最多勝を獲得したが、19年12月に自律神経失調症で契約保留選手となり、20年オフには来季の契約を結ばないと通告された上で育成選手として再契約していた。通算成績は72試合登板で29勝21敗、防御率4・17。

 大窪は北海道・北海高から19年に育成ドラフト2位で入団。1軍登板はなかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング