J1福岡、選手がだるまに色づけ 「はかた伝統工芸館」で10日まで展示

西日本スポーツ

 J1アビスパ福岡の選手たちが色づけした「アビスパ福だるま」の展示が、福岡市の「はかた伝統工芸館」で5日から始まった。10日まで。

 選手会の活動の一環で、スポーツ文化と地元の伝統工芸の振興、普及につなげるのが狙い。会場には31体の「アビスパ福だるま」とともに、浴衣を着用した選手の等身大ポスター、選手が着用した浴衣と博多織の角帯などが展示されている。

 杉山力裕選手会長は「選手たちは、世界に一つのだるまをつくるため、楽しみながら絵を付けました」とコメントした。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング