ホークス本拠地の観客上限5000→1万人に 来場ルールどう変わった?

西日本スポーツ

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されたことを受け、ソフトバンクの本拠地ペイペイドームで行われる主催試合の観客数の上限は5000人から1万人となりました。

 これまで観戦の条件としていたワクチンの2回接種、1週間以内のPCR検査での陰性証明は不要に。一方でワクチンを1回以上接種した人を対象に、半額のチケットを販売しています。

■終盤戦イベント情報(リンク
・5、6日は来場者全員に「応援ハリセン」配布。9、10日には別のグッズが!
・「鷹く!キノコ飯の勝どき揚げ栗丼」など球場グルメ新メニュー発売。

リチャードの「リチャー丼」、板東のバンバンジー発売(リンク

■ヘルシーフード「ポキボウル」専門店「SCALES 中目黒」がオープン!(リンク
 「BOSS E・ZO FUKUOKA」3F「The FOODHALL」にて。

■10月はPayPay利用で飲食30%OFF!(リンク

■アルコール販売再開(リンク
 詳細はリンク先の「売店の営業について」でご確認ください。

 ファンから集まったメッセージを「デジタル寄せ書き」にする企画「大集結!終盤戦デジタル熱鷹エールプロジェクト supported by ソニーマーケティング株式会社」。5日時点で約7000件のメッセージが集まっています。ギャラリーはこちら(リンク)。
 

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ