東浜には工夫を、岩崎には自信を/藤原満

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-7楽天(5日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・藤原満の視点】

 初回に中村晃の逆転満塁弾が飛び出して連敗ストップかと思われた試合が、終わってみれば引き分け。CS進出を争う楽天相手だけに、あまりにも痛い。

 流れが楽天に傾いた5回。東浜は先頭から4連打を食らった。岡島、浅村には初球を打たれ、島内にも最初のストライクを狙い打ちされた。初球を狙ってきているのに、初球の入り方にまったく工夫がなかった。

 7回の岩崎は2死から簡単に打ち込まれ、続く甲斐野が逆転打を浴びた。ここ数試合、結果を残せない岩崎の顔は自信を失っているようにしか見えない。申し訳ないが、大事な終盤にマウンドを任せられるような状態ではない。

 総動員態勢ということで8人もの投手をつぎ込んだ。だが、投手の代え時は後手後手となった。三者凡退に抑えたのは8回の松本ただ一人。これではチームに勢いは来ない。

 絶対に勝たなければならなかった試合だ。勝てば、6日はマルティネスで連勝し楽天に1ゲーム差に追い上げるはずだった。そのもくろみが壊れただけに、腹が立って仕方ない。ホークスは瀬戸際まで追い詰められた。もう勝つしかない。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ