ソフトバンク自力CS消滅…拙攻…拙攻…3点ビハインドでモイネロ投入も裏目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0-5楽天(6日、ペイペイドーム)

 4位ソフトバンクが1分けを挟んで5連敗。3位楽天とのゲーム差は4に開き、自力でのCS進出が消滅した。

 拙攻が目立った。2回1死一、二塁ではリチャード、甲斐が凡退。3回先頭の牧原大が失策で出塁すると、続く三森が遊ゴロ併殺打。4回1死満塁ではまたリチャード、甲斐が凡退し、6回無死一塁ではデスパイネが二ゴロ併殺打に倒れた。

 先発マルティネスは初回に1点を先制されたが、7回途中まで来日最多タイの11奪三振。だが7回2死無走者から炭谷、山崎剛、岡島の3連打で2点を追加されたところで降板した。8回には3点ビハインドでモイネロを投入したが、左腕は2安打2四死球で1死もとれず2失点を喫するなど、継投も裏目に出た。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ