長期離脱中のグラシアルが実戦形式で投手と対戦、安打も 今後の見通しは

西日本スポーツ

 右手薬指の骨折などでリハビリ中のソフトバンク・グラシアルが7日、タマスタ筑後の3軍練習でのシート打撃に参加した。

 実戦形式の打撃練習は5月の負傷後初めて。当初はメニューになかったが、本人が希望したという。育成の右腕2人と対戦し、重田には右飛に打ち取られ、桑原からは右前打を放った。

 ただ実戦復帰の見通しは立っておらず、11日に始まるフェニックスリーグの出場予定も今のところない。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ