引退の長谷川、若手へ涙のメッセージ 工藤監督「こういう決断驚いている」

西日本スポーツ

 ホークス一筋15年の打撃職人がバットを置く-。ソフトバンクは8日、長谷川勇也外野手(36)が今季限りで現役引退すると発表した。9日に引退会見を開く。大学・社会人ドラフト5巡目で2007年に入団し、13年には首位打者と最多安打の打撃2冠を獲得。14年のシーズン終盤に右足首を痛めて以降は、2度手術した右足首の古傷や故障とも闘いながら卓越した打撃技術で常勝時代を支えた。

 36歳のベテランは目に涙を浮かべていた。タマスタ筑後での練習前。グラウンドに集合した若手を前に、長谷川が別れのあいさつを行った。ホークス一筋15年のプロ野球人生にピリオドを打つことを決めた打撃職人は、後輩への熱い思いをメッセージに込めた。

 「今、1軍のチーム状況は良くない。これは絶好のチャンスだと思って、みんなギラギラしてやらないと。今(ポジションを)奪えそうなチャンスはたくさんある。今、この時を逃さないように。そうすれば日々の取り組みももっと中身の濃い内容になると思う」

 かつては契約更改後の会見で、若手へ手厳しい言葉を発したこともある。常に念頭にあるのは、常勝を目指すチームへの思い。昨オフにFA権を行使せずに残留を決断した際には「福岡が好き」と口にした。その言葉通りに、愛するチームへの思いがあふれた。

 2013年に首位打者と最多安打に輝いたが、その後のプロ人生は故障との闘いでもあった。14年のシーズン終盤の走塁で右足首を痛めた。同年オフを含めて2度の手術歴のある右足首や度重なるけがと向き合いながら、近年は代打の切り札としても活躍した。

 今季は主に代打で70試合に出場して打率2割6分3厘、3本塁打、19打点。8月下旬から調子を落として10月2日に出場選手登録を外れていた。工藤監督は「もう一度ファームで(調整して1軍で)と思っていたが、こういう決断になったことに驚いている」と率直な心境を口にした。

 球団は19日のロッテ戦(ペイペイドーム)で引退試合を行う方向で調整中。真摯(しんし)に野球に向き合う姿が模範となってきた長谷川は、練習ではいつものようにバットを振り込んだ。「もっともっとギラギラしてほしい」。チームを去る功労者のメッセージに若手がどう応えるか-。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ