西武がソフトバンクに2連勝 8回にバスターで勝ち越し 今井8勝目消えた直後に意地

西日本スポーツ

 ◆西武6-2ソフトバンク(8日、メットライフドーム)

 西武は2回、今井が無死一、三塁のピンチを招いたが、今宮、甲斐と連続三振。三森も投ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。

 すると3回に森の右前適時打で先制。5回にも栗山の左翼へのタイムリーで追加点を挙げた。

 今井は7回先頭の牧原大に右翼ポール直撃のソロ本塁打を浴びた。それでも1死一塁から三森を二ゴロ併殺。7回1失点と勝ち投手の権利を得て降板した。しかし、増田が中村晃に同点ソロを浴びて今井の8勝目は消えた。

 8回無死一、二塁から途中代走から出場していた山田がバントの構えから打って出て勝ち越しの適時二塁打。さらに3点を追加し、2連勝を果たした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング