西武・辻監督も「びっくり」 決勝バスター「(内野手)出てこなかったらどうするの」

西日本スポーツ

 ◆西武6-2ソフトバンク(8日、メットライフドーム)

 西武は山田がバスターで勝ち越し二塁打を放った。

 同点の8回無死一、二塁。山田は打席に向かう際、辻監督から「相手の内野手が前にチャージしてくる可能性がある。それがあったらすぐにバスターに切り替えてくれ」と耳打ちされたという。

 古谷の初球、相手は極端なチャージをかけてきたが、山田はバントを試みてファウルとなった。2球目に無事、バスターをさせたが、辻監督は「初球(バントを)やるからびっくりしたよ。初球に打つだろうと思ったら打たないし。その次(の球)なんて、すぐにでも打ちにいくような感じだったから。(内野手が)出てこなかったらどうするの。でも1点もやれないとシフトを敷いてきたところで見事なバッティングでした」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング