武井壮会長が「フェンシングパーク」構想 福岡に開設目指し準備

西日本スポーツ 松田 達也

 タレントとしても活躍する日本フェンシング協会の武井壮会長が8日、福岡市の西日本新聞社を訪れた。武井会長は競技の普及や強化などを目的とした常設施設を同市内に設立する構想を明かした。

 名称は「フェンシングパーク福岡」とし、フェンシングに興味を持った子どもたちが競技を体験できるように、剣や防具などの道具を無償で貸し出す。日本代表経験者が指導者を務めることで、トップ選手の育成も狙う。フェンシング男子で2008年北京、12年ロンドン五輪の銀メダリスト太田雄貴前会長らとともに、来年4月の開設を目指し準備を進めている。

 武井会長は「東京五輪でエペ団体が金メダルを獲得して、フェンシングに興味を持ってくれた方が競技に取り組める場所を福岡につくりたい」と語った。(松田達也)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング