西武連勝ストップもサウスポーが意地 武隈が無死満塁で失点許さず、公文も満塁斬り

西日本スポーツ

 ◆西武1-2楽天(9日、メットライフドーム)

 西武は9回に守護神の平良が勝ち越しを許し、連勝が2で止まった。敗戦の中でも左腕3投手が奮闘した。

 先発の浜屋は5回まで1失点とゲームをつくった。6回無死満塁の大ピンチを招いて降板したが、2番手の武隈が中飛、三振、三振と無失点で切り抜けた。武隈は「今日は自分のするべき仕事ができました」とコメントした。

 7回2死満塁の場面で登板した公文も島内を中飛。「今までも何度かランナーがいる場面で登板して、そのランナーを返してしまうこともあったので、今日はしっかり抑えたいと思っていました。初球からきっちりいいところに投げることができたので、いい結果につながったと思います」と振り返った。

 西武は慢性的な左腕不足が課題となっており、8日には渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が、11日のドラフト会議で西日本工大の即戦力左腕・隅田知一郎投手を1位指名することを公表した。現有戦力の左腕も意地を見せた格好だ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング