西武平良が4敗目、連勝ストップに辻監督「最善を尽くした結果」最下位日本ハムと再び0ゲーム差

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武1-2楽天(9日、メットライフドーム)

 またも守護神が崩れた。同点の9回1死一、二塁。平良が島内に決勝の中前適時打を浴びた。3日の日本ハム戦に続く4敗目を喫した右腕に辻監督は「チームとして最善を尽くしての結果。平良が抑えて、サヨナラ(勝ち)と考えていたけど」と悔やんだ。

 悪いときのパターンだった。先頭への四球からピンチは広がった。4敗はいずれも先頭への四死球が起点。指揮官は「(連打を)打たれるということはそうないからね。入り方が今日も駄目だった。先頭をちゃんと抑えておけば変わったと思うんだけど」と指摘した。

 6回無死満塁から登板した武隈が無失点で切り抜けた。7回2死満塁でも公文が火消し。8回はギャレットがピンチを招いても踏ん張った。リリーフがつないだゼロを誰よりも信頼感のある守護神が守り切れなかった。

 打線も7回の森、栗山の代打攻勢で奪った1点に終わった。再び最下位の日本ハムにゲーム差に詰め寄られた。何とか踏みとどまらなければいけない。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング