ソフトバンクが政府の技術実証に参加 最終盤2試合のチケット追加販売

西日本スポーツ

 ソフトバンクは9日、観客制限緩和に向けた政府による技術実証の一環で、ペイペイドームで開催される19日のロッテ戦と21日の日本ハム戦の観戦チケットについて約5000人分を追加で販売すると発表した。現状は1万人を上限として開催している。

 追加分は新型コロナウイルスワクチンの2度目の接種から2週間経過するか、観戦日から3日前以内に受検したPCR検査で陰性だった人が対象。当日は身分証のほか、ワクチン接種またはPCR検査陰性の証明書が必要となる。チケット発売についての詳細は別途発表する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ