西武が楽天にサヨナラ勝ち 最後は岸が勝負決める 苦手の田中将から同点とする粘りも

西日本スポーツ

 ◆西武3-2楽天(10日、メットライフドーム)

 西武は今季2敗を喫していた楽天先発の田中将から2点を奪って同点とすると、9回に3安打を集めてサヨナラ勝ちした。

 先発の渡辺が4四球と制球を乱した2回に2点を先攻されたが、4回に1死二、三塁から栗山の遊ゴロの間に1点を返した。7回2死二塁では川越に同点の中前適時打が出た。

 9回は3番手の西口を攻め、呉念庭と川越の安打などで2死二、三塁とすると、岸にサヨナラの右前適時打を放った。

 9回の1イニングを無失点に抑えた7番手の平良が今季3勝目を手にした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング