西武辻監督「そういう気持ちにならなかった」3年目渡辺を早期降板させたお客さんの姿

西日本スポーツ

 ◆西武3-2楽天(10日、メットライフドーム)

 西武は早めの継投が功を奏し、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 高卒3年目の先発・渡辺が6四球と大荒れ。2回に2点を失い、3回1死一塁としたところでベンチは継投策を選択した。

 辻監督は「これから渡辺勇太朗はチームの先発ローテーションに入って投げないといけないピッチャー。調子が悪いこともある。こういう時期にこういう位置(順位)にいるので、もっと引っ張って、点を取られようが投げさせることもできた。でも、お客さん(の姿)を見たら、そういう気持ちにならなかった。絶対に勝たなきゃいけないと思って早めに代えました」と説明した。

 2番手の田村からの救援6投手が無失点でつないでサヨナラ勝ち。残り10試合に向けて「もちろん勝ちにこだわるけど、やっぱり試合に見に来ているファンがいる限り必死な姿を見せなきゃいけない。熱くなるような試合ができればいい」と力を込めた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング