西武、最下位転落&CS完全消滅の危機回避 サヨナラ打の岸「心の底からうれしかった」

西日本スポーツ

 ◆西武3-2楽天(10日、メットライフドーム)

 一つの白星を全力で取りに行く。本拠地でぶざまな姿を見せることはできない。9回2死二、三塁。西武の岸が右前にサヨナラ適時打を運んだ。「心の底からうれしかった。全員で勝利だけを目指して必死に戦っている」と喜びをかみしめた。

 先発の渡辺は6四球と大荒れで3回途中2失点で降板。2番手の田村以降が踏みとどまった。5回から公文が2イニングを無失点。8回1死一、三塁の大ピンチで登板した武隈も見事に0を刻んだ。

 武隈の火消しには森も懸命なプレーで貢献した。茂木のセーフティースクイズが捕手後方への飛球になると、地面すれすれでダイビングキャッチ。送球エラーや走塁ミスをしていたが、決死のプレーで取り返した。辻監督は「ミスがあったけど、必死にチームを勝たせたいという気持ちが出ている」と目を細めた。9回には岡田のバント失敗があったが、川越が必死につなぎ、岸が決めた。

 最下位転落&CS完全消滅の危機を回避。残り10試合も全力で勝ちをつかむ。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング