明桜の157キロ右腕・風間球打はソフトバンクが交渉権獲得 一本釣りに成功

西日本スポーツ

 ◆プロ野球ドラフト会議(11日)

 秋田・ノースアジア大明桜高の風間球打投手(3年)は、ソフトバンクが単独1位指名で交渉権を獲得した。

 ソフトバンクは9日に1位指名を公表していた。

 風間は3年夏の秋田大会で自己最速の157キロをマーク。甲子園では2回戦で明徳義塾(高知)に、大会最速となる152キロを計測した。183センチ、84キロ。右投げ左打ち。この日が18歳の誕生日だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ