「涙が出そうでした」西武渡辺GM歓喜「100点満点。まれに見る素晴らしいドラフト」

西日本スポーツ

 ◆プロ野球ドラフト会議(11日)

 西武は課題だった左腕の補強に成功する最高のドラフトとなった。隅田、佐藤を1、2位で獲得。渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「100点満点。近年まれに見る素晴らしいドラフトだった。飯田球団本部長が(当たりくじを)引いてくれて、涙が出そうでした」と笑みがこぼれた。

 事前に1位指名を公言していた隅田には4球団が競合。最初に抽選箱に手を入れた飯田球団本部長は2番目に触れたくじを右手でつり上げた。「いつも1番目に触ったくじが当たらないという過去の傾向(を聞いた)から、2番目と戦略を変えて臨んだ」。初の大役で大当たりを引いた。

 2位ではドラ1級の佐藤を指名し、3位には大学ナンバーワン捕手の古賀を指名。辻監督も「十分満足しています。100点以上はないでしょ。100点満点」と大満足だった。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング