直接プロ入り過去0人、県内屈指の進学校 鷹の育成指名に驚く右腕「人生にとって一番の決断を」

西日本スポーツ

 ◆プロ野球ドラフト会議(11日)

 ソフトバンクから育成3位で指名された福岡高の井崎はテスト期間中のため、学校を通じて「地元福岡の憧れの球団に指名していただき、大変光栄です」とコメントした。

 同校は県内屈指の進学校で、学校によると同校出身のプロ野球選手は明大、八幡製鉄を経て1962年に広島入りし投手として通算83勝をマークした池田英俊が唯一。高卒で直接プロ入りした選手はいない。

 188センチの長身から投げ下ろす最速149キロの直球が武器。昨夏の独自大会の福岡地区決勝では「5番右翼」で出場し、今年ドラフト1位でオリックスに入団した山下舜平大を擁する福岡大大濠高を撃破して優勝した。

 新チームからエースを任され、今夏の福岡大会は初戦の筑紫台高戦で7回途中4失点、チームも2-4で敗れたものの、プロ10球団、24人のスカウトが視察していた。担当の岩井スカウトも「長身から(腕を)振り下ろして投げるストレートは、角度があり、魅力的。将来、大型右腕になる逸材」と評価する。

 進学も視野に準備を進めていたといい、「驚いている部分もある。自分の人生にとって一番の決断をしたい」と話した。(伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ