ソフトバンク快勝も試合中に優勝消滅 首位オリックスがロッテに引き分け

西日本スポーツ

  ◆日本ハム0-5ソフトバンク(12日、札幌ドーム)

 ソフトバンクは2回、デスパイネの左前打、栗原の四球に続いて中村晃が犠打を決め、1死二、三塁となって、リチャードに打席が回る。カウント1-1から左腕河野のカーブを引っ張った打球は左翼線を破り、先制の2点二塁打になった。

 リチャードが打てば沖縄尚学高の先輩でもある先発の東浜が力投。2点を先制してもらった直後の2回、先頭近藤の左前打、R・ロドリゲスの中堅フェンス直撃二塁打に四球も絡んで迎えた2死満塁のピンチで、清水を外角中心に攻めて追い込むと、最後は得意のシンカーを膝元に投じて空振り三振を奪った。

 3回以降は危なげなく7回無失点。8回は嘉弥真、板東の継投で無失点に抑えると9回に松田の2点三塁打などで3点を追加。最後は甲斐野が抑えて快勝した。

 だが先に試合を終えたオリックスが引き分け、この時点でソフトバンクのリーグ連覇の可能性が完全に消滅した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ