ソフトバンク2位の慶大・正木「1年目から活躍して新人王を」 指名あいさつ

西日本スポーツ

 ソフトバンクからドラフト2位で指名された慶大の正木智也外野手(21)が13日、横浜市の慶応義塾体育会野球部グラウンドで、永井智浩編成育成本部長兼スカウト部長らから指名あいさつを受けた。

 慶応高時代に高校通算50本塁打。東京六大学でも今春リーグ戦で4本塁打を放つなど、通算10本塁打をマークしている長距離砲だ。「選ばれた瞬間は正直実感はなかったけど、時間が経過して実感が強まってきた。プロの世界で活躍するぞ、という気持ちです。自分の長所は打撃。打撃を生かしてチームに貢献したい」と意気込んだ。

 チームには球界屈指のスラッガーである柳田がいる。それだけに「ずっとテレビで見ていた柳田選手に本塁打の打ち方だったりを教えていただきたいです。1年目からしっかり活躍して、新人王を取るつもりで頑張っていきたい。最終的には球界を代表するような打者になれるように」と力を込めた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ